×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャンドルマラドーナあ~くんの黄金携帯動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.写楽
2.忍者玉丸
3.F-101
4.足利義昭
5.LED電球
6.寒天
7.江差追分
8.聖剣伝説4
9.発電機
10.I-190

Give Till It's Gone  09年6月、英ハイドパークで開催の音楽フェスに参加したベンは、メインアクトであったN・ヤングの「Rocking in the Free World」のパフォーマンス(当然with クレイジー・ホース、You Tubeでも見られます)に衝撃を受け、その衝動を下敷きに書き下ろしたのが先行シングルとなる(3)「Rock And Roll Is Free」とのこと。そしてこの曲を軸に、再びリレントレス7のメンバーとともに録音されたのが今作である。

 で、そんな事前情報と、リレントレス7と組んだ 前作 並びに ライブ盤 の流れや、「ロックンロールは自由だ!」という日本サイドの“とほほ”でベタな宣伝文句(笑)と来れば、こんなジャケットだし、前作以上にギターが大暴れするロケンロー路線を想像しがちですが、意外や意外(?)、オープニングからミディアムテンポのナンバーに、内省的な1人称での独白と言いますか、自身の感情を赤裸々に吐露しているかのような作品が並んでいます。これ、amazonではバンド名義になっていますが、実は 「Both Sides of the Gun」) 以来6年ぶりのソロアルバムなんですね。

 “心の闇を避けることは出来ないかもしれないが、決して諦めてはいけない。それが強く生きる秘訣だ(「I Will Not Be Broken」)”といった感じで全編に渡ってパーソナルな色彩が濃く、現実の自分と理想の自分との葛藤を吐露していますね。とはいえそこはリレントレス7との録音ですから、ベンのソウルフルにしてセンシティブでメロウな感性を、うまいこと熱いロックサウンドの中に昇華させています。長いツアーを経て、バンドのアンサンブルもすっかりこなれてきており、聴きごたえは十分。思ったよりはじっくり聴かせるタイプの曲が多かった印象ですが、それでも熱いロック魂の健在ぶりが垣間見えるようなアルバムで、ライブで映えそうな曲ばかりです。

 (6)(7)でR・スターが共作&客演、(8)ではJ・ブラウンがコーラスで参加(なんでもジャクソンのスタジオでの録音だそうです)、まぁまったく目立ちませんが一応念のため。

アメリカン・ビューティー [DVD] リストラに怯えるしがないサラリーマン、毎日の家事に追われ団地の井戸端会議が唯一の息抜きの主婦、茶髪とケータイと通学鞄にべたべた貼ったプリクラで精一杯背伸びする高校生の娘。そんな普通の人々の物語なんて、誰も興味を示さないでしょう。

でも、そんな人たちが、海外で活躍する野球戦士に自らの姿を重ね合わせたり、カルチャースクールで自分の中に潜む俳句を吟じる才能に目覚めたり、教室の隅に座っている無口で内気なバイク少年にほのかな恋を抱いたりしながら、それぞれの「美」を見つけ出すことで人生が変わり始めたら・・・。

アメリカのごく一般的な人々の生活の歯車が、見つけ出した美によって少しずつ狂い始めていく。ありふれた生活の中に張り詰めている微妙なバランスを鋭く浮き上がらせ、心の中の残像がいつまでたっても消えませんでした。カラフルで美しい映像とコミカルタッチの展開が秀逸。特典映像は、映画を作ることに興味のある人には貴重な贈り物です。


Medusa "A Whiter Shade of Pale"
"Downtown Lights"
が◎。

リマスター待望

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!